« 鎌倉芸術館の国藝展 | トップページ | 上大岡のCAMIOのツリー »

東京12ch:美の巨人たち「三橋節子」

東京12chの美の巨人たち、毎週HDDレコーダーに撮っていて、先週分を見ました。

テーマは、35歳の若さで亡くなった日本画家、三橋節子の「花折峠」。
三橋さんは34歳の時、利き手の右手に腫瘍ができ、右腕を切断したあと左手で描き始めました。その後、肺への転移が発見され、回復の見込みがないまま退院して描いた作品だそうです。
「覚悟」して、「最後」に描いたのが、よく分かり、感銘を受けました。

しかし、番組で事情を解説してくれるから分かるけど、純粋に作品だけ見て、そこまでは感じられないですねぇ。辛いところです。

« 鎌倉芸術館の国藝展 | トップページ | 上大岡のCAMIOのツリー »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

絵本「湖の伝説-雷の落ちない村」この絵本もっていました。
そして早くなくなったことも。
中学くらいの時に入試だったか尊敬する人ってきかれてこの人の名前を挙げたことがあります。
雷の落ちない村の絵も同じタッチですが、
とても繊細な日本画で大好きでした。

良く三岸節子と間違えてしまうので、
今度もそうかなと思ったら
三橋節子でなんだかうれしいです。
のこされる子供のために書いた絵本なので、
心に沁みます。
実家で探して読んでみよう。

コメントありがとうございます。
僕は三橋さんのことを、今回、初めて番組で知りました。
梅原猛さんの本を探して読んでみようと思います。
美術館はちょっと遠いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉芸術館の国藝展 | トップページ | 上大岡のCAMIOのツリー »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

無料ブログはココログ